Making Baby in America (MBA留学日記)復活版

10年前の自分の日記にツッコミを入れるという企画です
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 帰国日 | main | 飲み会 >>

VSOP

突然ですが、VSOPってありますよね。これは、Very Superior Old Pale の略で、ブランデーのクラス分けの表示のひとつ。

Very 非常に、Superior 優良な、Old 古い、Pale 枯淡-熟成の極まった様(琥
珀の透明感)を指す言葉。

仕事をするときにもVSOPがある。私が所属するマーケティングのプロ集団(経営者連邦)でいろいろと教えてくださっている方のブログ「売れないマーケティングに用はない!」でみつけたこと。以下はそのブログから一部抜粋。

VはVaitality、SはSpeciality、OはOriginality、PはPersonality。

20代のうちはVaitalityで仕事が出来る。習うより慣れろで、仕事の量をこなし経験を積む。もちろん学習もそう。いろいろなことに興味を持って首を突っ込み、調べまわるくらいのバイタリティが大切。

30代になると、今までの経験の積み重ねから、その業務に関しては余人に負けない専門的な知識と能力を持って、高いレベルで仕事が出来るようになってなきゃ駄目。つまりSpecialityが必要。

40代になったら、専門的な知識の上に、自分のOriginalityを活かして創意工夫を重ね、新しいものを創造することが求められる。

50代になると、自分で働くよりも、より大きな組織を動かして成果を生み出すことが必要になるから、人望の厚いPersonalityが必要になってくる。


う〜ん、考えさせられる仕事のVSOP。

昔、飲み屋の女性(18歳)に言われたことを思い出しました。

女性「石ちゃん、すっごい、いいキャラしてるよね」

私 「そうっかな〜(ちょっと得意げ)」

女性「でも、男がキャラで食べていけるの25までだから」

私 「・・・」

そのとき、すでに私は27歳でした(笑)
その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック