Making Baby in America (MBA留学日記)復活版

10年前の自分の日記にツッコミを入れるという企画です
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< メルマガ | main | カシータ >>

代表的日本人

新渡戸稲造『武士道』、岡倉天心『茶の本』と並んで、日本人が英語で日本の文化、思想を世界に紹介した代表的な本である『代表的日本人』を読破。

内村鑑三は代表的な日本人として、西郷隆盛、上杉鷹山、二宮尊徳、中江藤樹、日蓮上人として取り上げている。

これらの日本人に共通しているのは、『無私』の思想。それこそ、命がけで人生のあるゆる危機に臨むその姿勢。たとえば、次の西郷隆盛の言葉からは、命も厭わない完全な自己否定こそが彼のエネルギーの源だったことがうかがえる。

命も要らず、名も要らず、位も要らず、金も要らず、という人こそもっとも扱いにくい人である。だが、このような人こそ、人生の困難を共にすることのできる人物である。またこのような人こそ、国家に偉大な貢献をすることのできる人物である


気合いの入れ時か。

読書 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック