Making Baby in America (MBA留学日記)復活版

10年前の自分の日記にツッコミを入れるという企画です
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 2000年11月11日 Case Competition その2 (10年前の日記) | main |

2000年11月12日 Case Competition その3 波乱の巻

(次の文章は10年前に私がMBA留学日記としてHPに掲載していたものです。10年前の自分にツッコミをいれるという企画です(笑))

またもや、アメリカ人のチームメイト同士がけんかをしました。私がミーティング・ルームに戻るとすでに大喧嘩の最中だったので、原因等はあとで中国人のチームメイト(仮にテッドと呼びましょう)から聞きました。

原因はいたってたわいのないものです。このケースコンペでは、プレゼンの他に12ページほどのレポートの提出も要求されています。そのペーパーを誰が書くかでもめたのです。ロースクールとジョイント・ディグリーの若いジェフ(仮名:24歳)がペーパーを担当するか、それともローカルテレビ局勤務などさまざまなことをやっていてよくバックグランドが分らないマイク(仮名:多分26歳くらい)が担当するかでもめたのでした。

でもお互いが書きたいと言ってるくらいですから、まあ随分と前向きなけんかとも言えます。ジェフは勤務経験がなく、ビジネススクールに来るくらいですから、なかなか頭が切れる男です。一方のマイクは普段は無口ですが、一本気の男で少々短気なところがあります。テッドによると若いジェフがこんなことをマイクに言ったらしいのです。「マイク、言っちゃ悪いけど、文章を書くのがどちらが上手いかなんて明白だろ。俺がまとめたチームのペーパーは平均点以上だったけど、マイクがまとめたときは平均点以下だったじゃないか。得意なヤツが担当して、チームとして最高のものを提出するのは当たり前だろ。」といままでの宿題の結果を持ち出したらしいのです。

これにはさすがのマイクもぶちきれて、その場にいたアメリカ人の女性(仮名ナンシー)とテッドも思わず、マイクの味方についたそうです。なんだかんだあって、結局マイクが担当することになったのでした。正直いって、私としては心情的にはマイク、実際はジェフにやってもらった方がベターだとはその時思ったのでした。このことが最後になって、思わぬ展開をもたらすことになろうとはその時は思っても見なかったのでした。

(10年後の自分のツッコミ)

え~、どうなったんだっけ?それにしても、いろいろありすぎですね(笑)

っていうか、最近更新を怠っていて申し訳ございませんでした。ツイッターを始めたばかりだったんでそちらにかまけてました。すみませんでした。

MBA留学日記 | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする