Making Baby in America (MBA留学日記)復活版

10年前の自分の日記にツッコミを入れるという企画です
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 2000年11月6日 シカゴ (10年前の日記) | main | 2000年11月9日 ニューヨーク その2 >>

2000年11月8日 ニューヨーク (10年前の日記)

(次の文章は10年前に私がMBA留学日記としてHPに掲載していたものです。10年前の自分にツッコミをいれるという企画です(笑))

シカゴの次はニューヨークです。某外資系銀行の面接に呼ばれたのです。こんどはもちろん、車ではありません。航空券とホテルは会社の方で用意してくれましたので非常にラクでした。午前中の授業が終わるとすぐにインディアナポリス空港(約1時間)まで、車を走らせ、飛行機で約2時間くらいかかったでしょうか。

飛行機から、夜空に浮かぶニューヨークの摩天楼を眺めたときはさすがに感動しました。なんていったって初めてのニューヨークです。早速、ニューヨークに駐在している学生時代の友人と会い、懐かしの居酒屋に連れて行ってもらいました。おでんやら、冷奴やら日本酒やらを頼みまくり、久し振りの日本の味を堪能したのでした。

ニューヨークの街は、ごちゃごちゃしたところが本当に東京そっくりでした。ここマンハッタンは日本でいうと世田谷区くらいの大きさらしいのですが、そこにこれでもかというほどの高層ビルがたちならんでいます。物価は東京なみで、友人が住んでいるマンハッタンの1LDKのマンションは月間3000ドルだそうです。Bloomingtonだったら、プール、テニスコート付の豪邸にすめそうです。

ちなみに彼の子供はあのロバート・デ・ニーロの子供と同じ幼稚園に通っているそうです。前回の父兄会にロバート・デ・ニーロが来たらしく、参加しなかった私の友人は非常に悔しがっていました。それでも、週2日(1日2時間)で月550ドルの授業料には驚きました。

彼はニューヨークに住んで4年くらいになるのですが、ときどきカルフォルニアに出張に行くと空が広いことに驚くそうです。言われてみると、ここマンハッタンでは空が見えません(ちょっとオーバーですか?)。本当はニューヨークのナイト・ライフをもっと堪能したかったのですが、明日は面接です。今日は大人しく帰りました。

(10年後の自分のツッコミ)

そうかニューヨークにも行ったことがあったんだ。全く忘れてました(笑)

MBA留学日記 | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする