Making Baby in America (MBA留学日記)復活版

10年前の自分の日記にツッコミを入れるという企画です
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

生きる

つい最近、私の友人のお嬢さんがなくなった。3歳という年齢。一年半にわたる闘病生活。同い年の娘を持つ親としてやるせない思いで一杯だった。

そんなときに、ふと、読まずに積んであった本の中から「生きがいの創造」という本を手にとった。

人はみな幸せになるために生まれてくるはず。それなのに、なぜ、幼くして命を絶たねばならない子供たちがいるのか?、また、私の母のように難病や障害に苦しまねばならない人たちがいるのか?

これらの問いかけに対して、この本は、ひとつの重要な示唆を与えてくれる。

副題にある『「生まれ変わりの科学」が人生を変える』をみて、一瞬、躊躇する人もいるかもしれない。

しかし、この本は決して、オカルト的な本ではない。福島大学の経営学の助教授が論文として発表したものである。そうかといって、「死後の生命」や「生まれ変わり」の存在そのものを科学的に証明するものではない。

「死後の生命」や「生まれ変わり」のしくみに関する科学的な研究結果を引用しながら、「死後の生命や生まれ変わりを認めるとすれば、私たちの生き方がどのように変わっていくだろうか」を論じている。

「人はなぜ生きるのか?」

このように、わたしたちは、「自分が人生に対して何を期待することができるのか?」と問いかけることが多いように思う。

しかし、この問いかけ自体が誤りであり、「人生は自分に対して、どのように生きることを期待しているのか?」と自問することこそが正しいのだと気づかされる。

この本の続編である「生きがいのマネジメント」では、10代の少年から著者に届いた手紙が紹介されている。

はじめまして。びょうきを することによって せいちょう させていただきました。

すべてが このぼくを せいちょうさせる ためのものだと きづき トラブルが わるいことでなく よくなるためのものであることに きづき すべて よいことに おもえて すべてに かんしゃせずには いられなくなりました。なにかあるたびに これは なにをきづかせようと されているのだろう とかんがえ そこに かくされた いみを さぐるようになり それにきづいたとき トラブルが よろこびに かわり これを じっけん できるように なれば また ひとつ せいちょう させていただけるという かんどうに かわります。

みみが かたほう きこえなくなり りょうめが みえなくなり かっとうが ありましたが それを のりこえようと ちかった ことは いまも あきらめないで つづけます。 せっかく まなんだことを じっせんして もっともっと せいちょうして やくだつひとに なりたいと おもっています。とにかく はやく あるけるように なりたい。 そこから また あたらしい チャレンジが まっているかと おもいます。 めちゃくちゃな ぶんしょうで すみません。 せんせいの ごけんとうと ごかつやくを こころから おいのりしております。


単なる自己満足とは、思いながらもこの本をその友人に送らずにはいられなかった。いま、この本を手とったこと自体が必然に思えたからだ。優しさの押し売りにならなければいいが。
哲学 | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

無知の知

拙著『道具としてのファイナンス』の感想をいただく読者の方々のバックグランドは、それこそ多岐にわたっています。マーケティング、法務、人事、技術を専門とされる方々。

つまり、感想を下さる読者の方々のほとんどは、ファイナンスをビジネスにしている人たちではありません。

肝心の事業会社の財務の方々が思いのほか少ない。本当にファイナンスの知識が必要だと思う人たちに読んでいただけていない。これは私が日々、仕事を通して、実感していることでもあります。

私の本の内容の至らなさという点もあるのかも知れませんが、誤解を恐れず言うならば、ファイナンスをなりわいとする人たちは、自分がファイナンスを知らないということを知らないのではないか。

その反面、ファイナンスを専門としない方々は、知らないことに危機感を持っているからこそ、ファイナンスの本を購入して独学する。

「彼は何も知らないのに、何かを知っていると信じており、これに反して私は、何も知りもしないが、知っているとも思っていない」

これは、有名なソクラテスの『無知の知』の一節です

ソクラテスの弁明・クリトンより)

知れば知るほど、自分の知らないことに愕然とするものです。まさに『知
る人は知らないことを知る人』ということ。

こんなことを最近、感じています。
哲学 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

虚空

マジスパの存在を私に教えてくださった方に報告のメールをうった。早速、彼からメールが届く。

「私は辛さは虚空もしくはその上です。虚空まではメニューに載っていますが、それより上は載っていません。(例の状態を得るには必要な辛さです)」

ま、まじで、「虚空」を超える辛さがあるとは!ところで、「例の状態を得る」ってあるけど、「例の状態」ってなんだろう?すでに共通認識がありげな感じ。。。ま、いいっか。

「〇〇さん、す、すごいです!これからは師匠と呼ばせてください!」

って、メールを返すあいかわらず、調子がいい私。
哲学 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

覚醒

橋口さんとのランチミーティング。場所は下北沢を指定した私。なぜ、下北沢なのか?それは、このお店に一度行ってみたかったから。インドネシア風スープカレーのお店。その辛さに魂への旅にトリップしてしまうという噂。

辛さは7段階の中から選択。★覚醒…マジスパ辛世界の入門編 ★瞑想…ちょいとピリ辛・脳細胞目覚めます ★悶絶…涅槃宇宙の前の峠です ★涅槃…この辺りからマジスパ辛宇宙が展開★極楽…辛いは旨い…を実感するでしょう★天空…固定観念既成概念も吹っ飛んで★虚空…どなた様も虚空界に飛んでいただきます

おしりの穴が気になった私たちは、「覚醒」をチョイス(笑) でも、なんなくクリア。余裕だね。それにしても、スープがおいしい。これは、クセになりますよ。次は、やっぱり「悶絶」でしょ。
哲学 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)